スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドクさん 来日 結合双生児の兄の死、妻出産…人生を語る(毎日新聞)

 ベトナム戦争の終結から今月末で35年を迎えるのを機に、枯れ葉剤被害とみられる結合双生児として生まれたグエン・ドクさん(29)が24日、支援団体の招きで来日した。結婚、兄の死、妻の出産--。この数年に経験した人生の喜びと悲しみを語るつもりだ。

 「大きな存在だったからとても悲しかった。自分の半分がなくなった気がした」

 ドクさんは24日朝、到着した関西国際空港(大阪府)で毎日新聞の取材に語った。兄弟で下半身がつながった「ベトちゃんドクちゃん」として知られ、88年に分離手術が成功。しかし07年10月、兄ベトさんは26歳で死去した。「(分離の際)部分的に体(臓器)をもらった。兄の分もしっかり生きないといけない」と話す。

 一方で新たな家族ができた。06年に妻テュエンさん(28)と結婚、09年10月には男女の双子が生まれた。男の子は富士山、女の子は桜にちなんだ名前を付け「日本は二番目の故郷。日越関係の懸け橋になれれば」と望む。

 来日はNPO法人「南大阪とアジアの平和友好のかけ橋」(大阪市)の招待で5月2日まで滞在。4月28日には午後6時半から大阪市立こども文化センターで講演会を開く。問い合わせは同NPO(06・4303・3379)。【田辺一城】

【関連ニュース】
選挙:気仙沼市長選 境氏が出馬表明 地域医療、福祉の充実を /宮城

仕分け前に偵察 蓮舫参院議員ら「YS-11」を見学(産経新聞)
4月分の給与支払わず=免職取り消しの職員に-阿久根市(時事通信)
<裁判員裁判>自殺未遂の長男刺殺…結審 求刑、下限の5年(毎日新聞)
検察官役弁護士「有罪を確信」 明石歩道橋事故で元副署長強制起訴(産経新聞)
<石塔>「韓国に返して」市民団体が要望(毎日新聞)

5人殺傷、容疑者のネット解約翌日だった(読売新聞)

 愛知県豊川市伊奈町、会社員岩瀬一美さん(58)方で家族5人が刺され、一美さんと孫の女児(1)の2人が死亡した殺傷事件で、逮捕された長男の無職高之容疑者(30)が、「インターネットを解約されたのは、(事件前日の)16日だった」と供述していることが19日、捜査幹部への取材でわかった。

 豊川署は、解約を知った高之容疑者が、急激に殺意を強め、犯行に及んだとみて調べている。

 捜査幹部や次男(24)の関係者によると、一美さんらは、事件の約2週間前にいったんインターネットを休止した。

 しかし、高之容疑者が勝手に復活させたため、12日頃から家族との間でトラブルが激しくなり、同署に相談するなどした上で、16日に再び一美さんが解約したという。

 自室に引きこもり状態だった高之容疑者は、2~3年前からインターネットのオークションサイトで洋服や写真集などの買い物を繰り返すようになった。クレジットカードの利用額は200万円以上に膨らみ、商品が届いてもほとんど開封せず、自室には段ボールが山積みになっていたという。

永田町で「八方ふさがり」の舛添氏 人気者との連携に活路を求めたが…(産経新聞)
橋下知事のキャッチフレーズ、府が使用自粛(読売新聞)
<日本創新党>設立届…「第三極」へ見切り発車(毎日新聞)
民主・小沢幹事長「1人区で15勝以上目標」(読売新聞)
「東アジア共同体」で協力=首相とシンガポール上級相(時事通信)

6年に1度の柱祭り 「杉の町」鳥取・智頭(産経新聞)

 林業が盛んで「杉の町」として知られる鳥取県智頭町で18日、火難除けを願って山から切り出した杉の大木を地元の諏訪神社に奉納する6年に1度の神事「柱祭り」が行われた。

 午前3時、白装束に鉢巻き姿の氏子の男性たちが太鼓の合図とともに杉山に入山し、幹回り72~78センチ、長さ約8メートル、重さ約300キロの神木を切り出した。

 “ムカデ”と呼ばれる台座に固定された神木を、数百人の氏子らが交代で担ぎ、「ワッショイ、ワッショイ」と威勢のいい掛け声とともに町内を練り歩いた。

 神木は最後に諏訪神社の境内で清められたあと、氏子らの手によって皮がはぎ取られ、本殿を囲むように東西南北の方角に建立された。6年後には、家庭の神棚に供える板に加工され、氏子に配布される。

 担ぎ手として参加した会社員、芦田正博さん(45)は「林業の町に受け継がれた伝統行事に参加できて感慨深いです。後世にも伝えていきたい」と話していた。

 祭りは、同町が大火に遭った天明2(1782)年、長野県の諏訪大社の「御柱祭」にならって始められ、以後、6年に1度行われている。

【関連記事】
一式飾の一畑電車 出雲舞台の映画登場でPR
北山たけし、高千穂神社で奉納ライブ♪
1.1メートル16キロの大型イカ生け捕り 愛媛
「被爆桜」咲いた 滋賀・彦根の小学校、植樹の卒業生訪問
村木被告の元上司、小豆島町長に初当選
外国人地方参政権問題に一石

法人減税に前向き=直嶋経産相、内情で講演(時事通信)
<教員人事権移譲>副文科相容認 大阪府11年度から実施へ(毎日新聞)
タイ邦人カメラマン 無言の帰国 妻「言葉にできぬ悲しみ」(産経新聞)
覆面マスク強盗団 警視庁、容疑の3人逮捕(産経新聞)
3月の世界の気温、過去最高=エルニーニョなど影響-気象庁(時事通信)

伊丹空港旅客数、リニア開業後「半減」 関経連試算は兵庫と隔たり(産経新聞)

 関西国際、大阪(伊丹)、神戸の3空港問題に絡み「関西3空港懇談会」事務局の関西経済連合会がはじき出した需要予測で、伊丹空港の旅客数について、平成37(2025)年の開業を目指すリニア中央新幹線の整備後、経済情勢が低調ならピーク時の約半分となる930万人程度まで落ち込むと試算されていたことが12日、産経新聞が入手した内部資料で分かった。

 12日の懇談会では、リニア開通後に、国内線は3空港で21年度の約7割となる1500万人程度まで下がる可能性を示す参考値が公表されたが、各空港個別のデータは示されなかった。

 一方、兵庫県が独自に行った需要予測では、3空港全体(国内、国際線)で、平成34年度で最大4721万人に膨らむとされていたことも判明。関経連予測(37年度)の最大値と比べても約800万人多く、3空港のあり方を探る前提となる需要予測の段階から、かけ離れたデータが示されていた実態が浮かんだ。

 伊丹空港の需要については、リニア開通後は競争力が低下する羽田便の廃止などに大きな影響が出ると予想され、大阪府の橋下徹知事が掲げる伊丹廃港論の根拠にもなっている。

 内部資料によると、関経連の需要予測では、伊丹の旅客数は平均値で10年後の平成32年度でピーク時(16年度、1948万人)の80%の1551万人、37年度で83%の1623万人になると試算。しかし、リニア開通後は53%の1040万人、世界経済の低迷が継続すれば下方値として48%の930万人に落ち込むと予測されている。

 また、3空港の国内線は、37年度で2344万人(21年度は2044万人)となるものの、その後リニアの影響で1500万人程度まで減少するとされた。

 一方、兵庫県独自の予測は、現状維持のままの運用▽3空港を一元管理し、伊丹・神戸に課せられている運用制限を撤廃▽羽田の国際ハブ化伴う伊丹の需要増-など4つの前提条件に、過去の需要予測モデルや内閣府のGDP成長率試算などを活用して算定。その結果、国際線を含む34年度の3空港全体の旅客数は、現状維持でも4213万人、最大値で4721万人に膨らむと予測している。

 兵庫県の予測値は、30日に開かれた3空港懇談会の幹事会で提示されたといい、井戸敏三知事は「一元管理の効果と、羽田ハブ化の影響があると思い試算した」と主張。これに対し、橋下知事は「楽観に過ぎる予測値は(信憑(しんぴょう)性に乏しい)過去の需要予測と同じ発想だ」とコメントした。

【関連記事】
大阪府議会が伊丹空港廃港を決議 大阪、兵庫で相反
大阪vs兵庫、県議会が伊丹空港存続決議 廃港派の橋下知事は…
リニア確定まで10年間は一元管理、関西3空港懇が大筋合意
橋下知事、関空リニア事業費「国は複線で試算した」
橋下知事に応酬、伊丹廃港案で兵庫知事「世の中を動かしてみなさい」
外国人地方参政権問題に一石

参院選に政治生命懸ける=自民総裁(時事通信)
スリ未遂、今度は文科省職員…「ほかにも」(読売新聞)
<立川談志さん>13日に復帰(毎日新聞)
練習船、咸臨丸航跡追い“海”横断(産経新聞)
「志士よ、立ち上がれ」龍馬が運んだ手紙、80年ぶり発見(産経新聞)

外国人参政権、慎重検討論相次ぐ=意見集約は見送り-知事会(時事通信)

 全国知事会議が6日、東京都内で開かれ、永住外国人に地方参政権を付与する法案への対応について議論した。出席者からは「参政権を認めれば首長選挙に影響しかねない」(二井関成山口県知事)など慎重な検討を求める意見が相次ぎ、引き続き議論を続けることを確認。知事会としての意見集約は見送った。
 会議では、石原慎太郎東京都知事が「地方にとどまらず国家の利益にかかわる可能性がある」として「絶対反対」を表明。加戸守行愛媛県知事も「基本的に反対する」と述べた。
 一方、野呂昭彦三重県知事、蒲島郁夫熊本県知事、嘉田由紀子滋賀県知事は「認めてもいいのではないか」などと地方参政権付与に理解を示した。松沢成文神奈川県知事は、参院選のマニフェスト(政権公約)で各党がこの問題への態度を明確にすることが先決、と主張した。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

特養の介護職員の医療行為「許容」で通知―厚労省(医療介護CBニュース)
愛媛県新居浜市・別子銅山 人気上昇「東洋のマチュピチュ」(産経新聞)
三原じゅん子、8日に“自民党デビュー”(スポーツ報知)
鳩山首相、連合会長に参院選協力を要請 連合とのトップ会談(産経新聞)
一般の精神疾患への「誤解は減ってない」が約4割-看護師意識調査(医療介護CBニュース)
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。